医者

腎臓病の進行を阻止せよ|迅速且つ即効のスムーズ治療

進行したがんをも治す

女性

がんと免疫

人間の身体の中では、頻繁にがん細胞が生まれて来ていると言われています。がん細胞は、何らかの原因によって細胞の遺伝子が傷つけられて、際限なく増殖し続けるようになった細胞のことです。がん細胞ができる原因としては、放射線や化学物質、紫外線や活性酸素等が知られています。しかし、体内の免疫機能が正常に働いていれば、がん細胞を排除できるようにできているのです。がん細胞が生まれて初期の段階で、がん細胞を排除するために活躍している主な細胞が、ナチュラルキラー細胞と樹状細胞と呼ばれる免疫細胞です。しかし、体力が落ちたり病気にかかってしまうことで免疫機能が低下すると、がん細胞の増殖を止めることができなくなってしまうのです。

免疫細胞を使ったがん治療

今までは、手術や抗がん剤の投与等によるがん治療が行われていました。しかし、これらの治療法には副作用と進行したがんでは治療できないという欠点があったのです。そこで考えられた治療法の1つが、免疫細胞を使ったがん治療です。免疫細胞の種類によっていくつかの免疫細胞療法がありますが、中でも樹状細胞療法は多くのがん患者が治療を受けている免疫細胞療法です。樹状細胞療法のメリットは、がん患者から抽出した樹状細胞を使うことで、副作用を起こさないようにしているところです。また、樹状細胞療法では進行したがんをも治すことが期待できるところが大きなメリットになっています。要するに樹状細胞療法では、樹状細胞が体内をくまなくパトロールして、転移したがん細胞を探し出してくれる可能性があるのです。

Copyright© 2016 腎臓病の進行を阻止せよ|迅速且つ即効のスムーズ治療 All Rights Reserved.